山口県立美術館|山口県山口市

コレクション展

  1. HOME
  2. コレクション展

開催中のコレクション展

生誕150年 永地秀太展

2024年1月18日(木)~3月31日(日) 展示室C

現・下松市に生まれた永地秀太(1873-1942)は、徳山中学を卒業後上京し、絵を学び始めました。1902年には太平洋画会創立に参加し、1907年に文展が開設されると出品を続け、審査員もつとめるなど活躍しました。今年生誕150年を迎えた永地の画業を、前年度に修復を終えた作品と、新たに寄贈された作品も含めて紹介します。

画像:生誕150年 永地秀太展
永地秀太《ギリシアの浮彫》 1937年
油彩/カンヴァス 山口県立美術館蔵

〈香月泰男とシベリア・シリーズ III〉 最晩年の創作活動:1972~74年

2024年1月18日(木)~3月31日(日) 展示室B

太平洋戦争への従軍と、終戦後のシベリア抑留の体験を絵画化し、戦後の洋画史に確たる地歩を築いた香月泰男(1911-74)。1970年代になると、シベリア・シリーズの制作と並行して、外国と日本とを「鳩みたいに、行ったり帰ったり」しながら、明るい色彩にあふれた作品を制作しました。年間企画最後の展示では、多様性に満ちた最晩年の創作活動をご紹介します。

画像:最晩年の創作活動:1972~74年
香月泰男《渚〈ナホトカ〉》1974年
油彩・方解末・木炭/カンヴァス 山口県立美術館

観覧料

  • 大人300円(240円)
  • 学生200円(160円)

70歳以上と18歳以下の方、および高等学校、中等教育学校、 特別支援学校に在学する方等は無料です。

これからのコレクション展

大正ロマンの前衛画家 玉村方久斗

2024年2月23日(金)~3月31日(日) 展示室A

玉村方久斗(1893-1951)は、この時代特有の魅力をもつ名作が多く描かれた大正時代から昭和時代初期にかけて活躍した日本画家です。グロテスクで諧謔的な画風で斬新な日本画を多く描いたことで知られています。この展示では、「竹取物語」と「諸道聴耳世間猿」という二つの絵巻作品を中心に、方久斗の前衛的日本画の世界をご紹介します。

画像:玉村方久斗《芥川之図》
玉村方久斗《芥川之図》
大正~昭和初期 絹本彩色金泥 山口県立美術館蔵